読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibasenn’s diary

日々の思いや、経験したこと記録

リミット外せますか?

戯言 2.健康

心理学、脳科学、生科学など最近の研究で人の「心」に関する分析がだいぶ進んでるみたい。

今やfMRIとか使って、人の感情が発生するその前後をモニタリングする事で、昔なら経験に頼っていた心理変化や、その因果関係まで統計分析される時代になった。

そのなかで最も重要かつ、自分がためになった知見は
「いかに幸福に人生を生きるか」
「その為にはどうすればいい?」
という問いとその回答。

その答えが、一言で言うと
「自分の潜在意識が、かってにかけてるブレーキのリミットを外すこと」
自分で

やり方は2ステップ
 Step1 リミットがあることを知る
 Step2 潜在意識の上書きつまり「リミットを外す」

効果は下の感じ
 step1ができればストレスをコントロールできるようになる。
 step2までできればストレスの定義が変わるため、そもそも不幸にならない。


こっから先は、自分に向けて・・・

◆Step1のやり方
 常識と呼ばれる事をよく見直してみる。
 
そもそも、
「常識っていうのは自分の頭で過去の経験をベースに勝手に解釈し決めていること」

・自分にとって、家族にとって、社会人、大人にとっての常識ってなに?
・それはいつ、だれが決めたもの?

それらのルールのは共同体を運営するために都合の良い
合理的に見えるルールで決まっていないか?。

一般にイメージされるルールは必ず
「現状維持」「安定」
をもたらすために設定される。

そのルールが、自分の望む方向とあっている?
そのルールを破るとどうなる?

ここでお勧めなのは、ちょとだけルールを破ってみること。
そして、少しずつルールを破ることになれること。

そうすると、「なんだたいしたことないな」って感じになってくる。
人の習性を逆手にとる。

※ただし、一発退場となることはやらないこと。
取り返しがつかなくなります。

◆Step2のやり方

 大前提として、瞑想の概念にある「観照」が理解できること。

自分の思考を観照している段階で、マントラなりを用いて不要な思考を整理する。

その状態で、再度考え直し、あるべき理論に書き換える。

※あくまでも自分でやること、他人がやると洗脳です。



この考えを体感できる境地にまでなれば、まあ半分は人生の勝ち組です。