読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibasenn’s diary

日々の思いや、経験したこと記録

マッカーサー賞

1.仕事 C.What なにをやる 戯言 読書記録‗本の紹介 4.趣味

下記のグリッドの本に書いてあった、ユニークな賞。

sibasenn.hateblo.jp


聞いたことないし、面白そうなのでちょっと調べてみた。
MacArthur Fellows — MacArthur Foundation

MacArthur fellowship

マッカーサー・フェロー - Wikipedia

アメリカの国民か、住居者に限るが受賞の選考基準は分野を問わず

「独創性があり、将来にポテンシャルがある人」

という。

アメリカに限定されるが、過去の取り組みを表彰するノーベル賞と違い、

将来性を表彰するのが斬新でいかにもアメリカらしい。

文化、科学、政治、問わず新しい発想・思想・文化を見つけるには持ってこい。

ホームページには今までの受賞者検索欄があり、過去の受賞者が検索できる。


ちなみに、Grid の著者のAngela Duckworthのもの
Angela Duckworth — MacArthur Foundation

これが受賞されたのが2013年、本が出たのが2016年5月
日本語訳だと2016/9月。この間、3年。


間があるな~


いまの情報化社会だと、下記のTED talkや

www.ted.com

Thinker50

Thinkers50


もそうだけと、

どれだけ有用な情報(ソース)を持っているかで人生が大きく変わりそう。


とくに情報の鮮度は重要で
「あの時この情報、知恵があれば」
と後悔してもすでに遅い。

このマッカーサー賞も要ウォッチングだな(-。-)y-゜゜゜