sibasenn’s diary

日々の思いや、経験したこと記録

サピエンス全史(上)(下)

 旅行中の移動時間に読んだ本の紹介。

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

 

 

 全史と呼ばれるだけあって、文化人類学脳科学、進化論、遺伝子論、経済学、心理学、宗教学、哲学と様々な視点から人類の歴史を紐解いている。

 

人がここまで進化した理由を複数の革命があったと説明

「認知革命」「農業革命」「通貨の発明」「無知の知」などが代表、これらを踏まえ今後人類はどこに向かっているかについて言及している。

 

「認知革命」

 現在地球上で最も繁栄しているといっていい人類がなぜ、こうも発展したかを一言で「認知革命」による「虚構」が可能にしたと説明。

 虚構の代表は言語。現在の発展のベースとなるホモサピエンスは太古の昔より、物語を語り文字を発明することで人に依存しない知識を作り出してきた。この「虚構」により他人を同じ方向に協力させることが可能になり、世界を征服したと。

 これにより他のの動物が長い時間をかけ遺伝子の突然変異でしか変化に対応できないが、人は言語を作ることで過去の知識を伝達し変化に対応してきた。これは、人類が生物の進化スピードである「遺伝子の突然変異」を待たずして、進化が可能になったと表現している。

 

「農業革命」

 人はもともとは、狩猟民族であり生物学的にも定住して農作業を行うようにはできていない。これを、過酷な生活を人類に強いた史上最大の詐欺だと書く。

 人類は小麦によって家畜になった「家にとどまることを強制された」と書く。人は農耕をおこなうことで指数関数的に人類の数を増やすことが可能になったが、その代償としてここの人類へは過酷な生活を強制した。

 一度農耕に手をだして、小さな成功をおさめた人類は、数を増やすことでまた農耕に力を入れるようになる。いちどこの道に踏み込んでしまうと、同じ食料を狩猟から取ることができなくなり、さらに農耕に力を入れるしかない。

 まさに、詐欺師がやるように人類は最初小さく成功してしまったせいで、もう後戻りできなくなったのだ。

 

「貨幣の発明」

 通貨の発明により、人類は物々交換の限界を超えた。これはただの金属の塊にすぎない貨幣に価値を持たせたことだと。

 貨幣にはもともと2つのことが記されていた。

1つは、そこに含まれる貴金属の量

2つ目は、それが誰が発行し保証しているかの権威

 これらのことにより、通貨の偽造は君主の署名を偽造することに等しく通常は死刑となっていた。このことにより、王の権威を信じる限りは通貨のもつ価値を信じることにつながっていった。

 これにより、昔は現物支給であった給料も貨幣の支給となり、今では電子上の数字に置き換わっていった。ここで面白いのが、宗教的信仰は同意できないキリスト教も、イスラム教も貨幣に対する信頼は同意できるということ。宗教は特定のもの信じるように求めるが、貨幣は他の人が特定のものを信じていることを信じるように求める。

 この貨幣の発明により、

1.価値の転換・保存が可能になった

2.貨幣を媒介としてどんな事業においても人が協力できるようになった

 この発明は、人類を大きく発展させたが、代わりに人類のコミュニティを破壊してきた。

 

無知の知

 中世までの人類は、神が全てを知っていることとなっていたが、近代科学は私たちは全てを知らないという前提に立つことを学んだ。そして今までの知識も新しい知識を学ぶことで間違えがあることがあるということも受け入れている。

 

 

 

 内容盛りだくさんで、書ききれないが一貫して書いているのが全て「虚構」を作り上げることにより他の人類を同じ方向に向かわせてきたことが記されている。

 

 最後は、AIと人類の機械化の話に触れられているが、これはもう人間の定義自体にかかわる領域に人類が足を踏み入れたことに言及している。

 

 ここまで、読んできて人類がどこに向かうか考えているとふとアニメの世界がよぎる

攻殻機動隊 DVD BOOK by押井守 GHOST IN THE SHELL (講談社キャラクターズA)

攻殻機動隊 DVD BOOK by押井守 GHOST IN THE SHELL (講談社キャラクターズA)

 

  現在ではAmazonが脳にチップを埋め込む研究してたり、現在感覚を伝える義肢が開発されていたりと、漫画の内容が少し現実味を帯びてきそう。

 

 

 

 

 

JAL修行 その2&3

久々に修行の更新。

2往復したので 2&3でアップデート。

 

1回目はこちら

sibasenn.hateblo.jp

 

せっかくなら、本格的な修行を体験しようとハードコースを決行!

「マレーシア海外発券+1泊3日の沖縄経由、クアラルンプール弾丸ツアー」

 

 中部(セントレア)拠点だと、なかなか良い時間帯が取れないが、なんとか3日以内で往復できるコースで組んだ。

 

 実際は、行きたい時間のチケットが空いていないなど、無理のある予定で観光の時間はほぼ無い(´;ω;`)

 

※2017時点で海外発券のルールが微妙に変わっているので最新情報は常にウォッチングが必要(本当は、マレーシア発券でセントレア往復を入れたかったが・・・3月に規約が変更でNGに(´;ω;`)、やられたな~、誰か無茶苦茶やったからかな・・・)。

 

今回は、機内泊込みなので本当の修行だな。

 

最後は、のんびり解脱しよう。

 

2&3回目の修行をまとめると

・費用:204220円

・FOP:29738ポイント

・マイル:23521

・単価:6.86円/FOP

 

よって、残りは

50000FOPまで残り・・・11720ポイント

合計でかかった費用・・・245640円

現状FOP単価(ボーナス込み)は・・・6.41円/FOP

なので悪くはないが、実際は上記+空港間の移動運賃+宿泊費が入っているので実質は27万ぐらいは掛かっている感じ。

 

詳細は以下

 

往復1回目

①中部(セントレア)→沖縄(那覇) ※宿泊

 ・先特(運賃3:フライトマイル×75%)

 ・利用クラス:普通席

 ・費用:10000円

 ・FOP:1214ポイント

    =セントレア-沖縄:607×国内旅行:2倍

 ・マイル:961マイル

    =区間マイルの75%:607マイル

    +ツアープレミアム:202マイル

    +CLUB-A会員:152マイル

 ・FOP単価:8.23円/FOP

 

②沖縄(那覇)→関西(関西国際空港)→マレーシア(クアラルンプール)
(沖縄発-クアラルンプール着の往復:国内線往路)

 ・航空券クラス:S

 ・利用クラス:エコノミー

 ・費用:72000円(往復合計費用)

 ・FOP:4585(①1878+②2707)ポイント

    =①沖縄-関西:739ポイント×国内旅行2倍+ボーナス400ポイント

    +②関西-クアラルンプール:1538×アジア圏:1.5倍+ボーナス400ポイント

 ・マイル:4385(①924+②3461)マイル

   ①=通常区間マイルの100%:739マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):185マイル

   ②=通常区間マイルの50%:2768マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):693マイル

 ・FOP単価:7.85円/FOP

 

③マレーシア(クアラルンプール)※機内泊→東京(成田)→沖縄(那覇
(クアラルンプール発の往復:海外発往路)

 ・航空券クラス:Y

 ・利用クラス:プレミアムエコノミー

 ・費用:87000円(往復合計費用)

 ・FOP:7775(①5407+②2368)ポイント

   ①=クアラルンプール-成田:3338ポイント×アジア圏:1.5倍+ボーナス400ポイント

   ②=成田-沖縄:984×国内旅行:2.0倍+ボーナス400ポイント

 ・マイル:5403(①4173+②1230)マイル

   ①=通常区間マイルの100%:3338マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):835マイル

   ②=通常区間マイルの100%:984マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):246マイル

 ・FOP単価:5.59円/FOP

 

④沖縄(那覇)→中部(セントレア

 ・先特(運賃3:フライトマイル×75%)

 ・利用クラス:普通席

 ・費用:7000円

 ・FOP:1214ポイント

    =セントレア-沖縄:607×国内旅行:2倍

 ・マイル:961マイル

    =区間マイルの75%:607マイル

    +ツアープレミアム:202マイル

    +CLUB-A会員:152マイル

 ・FOP単価:5.76円/FOP

 

往復2回目 

⑤中部(セントレア)→沖縄(那覇

 ・先特(運賃3:フライトマイル×75%)

 ・利用クラス:普通席

 ・費用:13610円

 ・FOP:1214ポイント

    =セントレア-沖縄:607×国内旅行:2倍

 ・マイル:961マイル

    =区間マイルの75%:607マイル

    +ツアープレミアム:202マイル

    +CLUB-A会員:152マイル

 ・FOP単価:11.2円/FOP

 

⑥沖縄(那覇)→東京(羽田)※宿泊→東京(成田)→マレーシア(クアラルンプール)
(クアラルンプール発の往復:海外発復路)

 ・航空券クラス:Y

 ・利用クラス:プレミアムエコノミー

 ・費用:87000円(往復合計費用)

 ・FOP:7775(①2368+②5407)ポイント

   ①=沖縄-羽田:984×国内旅行:2.0倍+ボーナス400ポイント

   ②=成田-クアラルンプール:3338ポイント×アジア圏:1.5倍+ボーナス400ポイント

 ・マイル:5403(①1230+②4173)マイル

   ①=通常区間マイルの100%:984マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):246マイル

   ②=通常区間マイルの100%:3338マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):835マイル

    ・FOP単価:5.59円/FOP

 

⑦マレーシア(クアラルンプール)※機内泊→東京(成田)→東京(羽田)→沖縄(那覇
(沖縄発-クアラルンプール着の往復:国内線復路)

 ・航空券クラス:S

 ・利用クラス:エコノミー

 ・費用:72000円(往復合計費用)

 ・FOP:5272(①2904+②2368)ポイント

     =①クアラルンプール-成田:1669×アジア圏:1.5倍+ボーナス400ポイント

     ②羽田-沖縄:984ポイント×国内旅行2倍+ボーナス400ポイント

 ・マイル:4385(①3755+②1230)マイル

  ①=通常区間マイルの50%:1669マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):417マイル

    +ツアープレミアム:1669マイル 

  ②=通常区間マイルの100%:984マイル

    +ボーナスCLUB-A会員(25%):246マイル

 ・FOP単価:6.82円/FOP

 

⑧沖縄(那覇)→中部(セントレア

 ・先特(運賃3:フライトマイル×75%)

 ・利用クラス:クラスJ

 ・費用:14610円

 ・FOP:1376ポイント

    =セントレア-沖縄:688×国内旅行:2倍

 ・マイル:1062マイル

    =区間マイルの75%:688マイル

    +ツアープレミアム:202マイル

    +CLUB-A会員:172マイル

 ・FOP単価:10.61円/FOP

 

不思議なことに、飛行機の旅に慣れると移動時間も悪くない、とくに日々の喧騒からはなれゆっくりと集中せざる得ない時間を取れるのはかなり贅沢。

 

あと、世界中のラウンジめぐりも楽しみ。本当の贅沢な旅行ってもんが分かってきた気がする(-。-)y-゜゜゜

 

 

 

Fintech 2017/06

さて、恒例のロボアドの状況@2017/6です。

 

 都議会あり、トランプがいろいろ問題発言したり、北朝鮮がきな臭かったりしますが、今のところ株価は大きく変動していない。

 

05月分はこち

sibasenn.hateblo.jp

 

さて今月の実績は・・・

※HPのリンクをつけてみました。 

1.Wealthnavi

www.wealthnavi.com

f:id:zyobannni:20170703230010p:plain

 こちら、円安効果も相まって驚異の利率16%@円建て

ドル建てでも8.5%もあること見ると今のところは良さげ。

またドルコスト平均チックに定期積立で買い足してるので大損もしなさそう。

 

2.TEHO

theo.blue

f:id:zyobannni:20170703230241p:plain

 こちらは、積み立てしていないけど同じく+16%。いまなら定期積立できるので差がなくなってきたか?

 

 ただし、この状況だとDetax機能がない分まだ、Wealthnaviが優位な状況がづづく。

 

こうしているうちに、ダークホースが着々と準備している。

folio-sec.com

まだ詳細が展開されていないけど、果たして台風の目になるか?

要ウォッチング。

 

 

 

Fintech 2017/05

 G7も終わり、リスクマネーがまた投資市場にもどってますね。日経も2万を超えて、これからも緩やかな上昇でしょうか?

 

sibasenn.hateblo.jp

 

さて、5月の結果です。

 

1.Wealthnavi

f:id:zyobannni:20170603111718p:plain

こちら、見事なまでの右肩上がり。好調なアメリカドル+想定よりも円安のおかげで15%をキープ。 とりあえず放置しておけば大丈夫そう。

 

2.TEHO

f:id:zyobannni:20170603111729p:plain

 こちらも同じく、右肩なんだが、Wealthnaviと比べるとちょっとパフォーマンスが落ちるか?でも普通に考えると十分すぎるパフォーマンス。

 

 両社とも手数料1%を基本としているので、変わらないがDetaxや、積み立て投資、

お釣り投資なるものまで始めているWealthnaviに軍配があがるか。

jp.techcrunch.com

 あとは、SBIと組んだのは大きいみたい。

まだ日本ではFintechが過当競争にはなっていないので

 

とりあえず、初期投資が100万ということ以外はWealthnaviが一押しになりそう。

 

あとは、前から気になっていたこれ。

news.folio-sec.com

ウォッチングしていきます。

 

 

 

 

Fintech 2017/04月分

北朝鮮危機、フランス大統領選も一服といった感じで、円安に振れてますね。

 

さて4月の結果は? 

 

sibasenn.hateblo.jp

 

1.THEO

f:id:zyobannni:20170429154503p:plain

 グラフを見ての通り、4月中旬に一度大きく落ち込んでおり、月末に回復している。

一方USD換算では、安定して伸びており影響がほとんど見られない。

 

2.Wealthnavi

f:id:zyobannni:20170429154654p:plain

 

 傾向は、TEHOと同じだがこちらのほうがパフォーマンスが良い。

 

歴史的に、株価や為替は世界動向を先読みしているので今のところは大きな紛争は怒らなさそう。

 

 ここは、あせらずに継続投資ですな(-。-)y-゜゜゜